レイアウトを考える

オフィス

快適で機能的な空間

社員が快適に過ごすための良いオフィスレイアウトとは、どのようなレイアウトでしょうか。賃貸であっても自ら使用する場合であっても、オフィスは長時間多く社員が集ってそれぞれの作業をする場所です。良いレイアウトにするためのポイントがいくつかあります。まず、一つの部屋に十分な作業スペースを確保できていることです。オフィスは、複数の人が出入りしつつ問題なく必要な作業を行うことができなくてはいけません。オフィスにいることになる平均的な人数の動線を考えてみましょう。オフィスレイアウトを検討していく時は、それぞれの人が各自パソコンさ見たりホワイドボードで説明したりする様子を思い浮かべます。何らかの作業を行うためのスペースが足りない場合は大きな家具を取り除いたり、部屋にスペースを追加したりします。作業のためのスペースの確保は毎日のことですので、欠かせない検討内容です。次にしたいことは、部屋の全体的な家具の配置を考えることです。もちろん、同時にオフィスの印象を決めるインテリアのテイストを選ぶのも大切です。オフィスレイアウトの中で、それぞれの家具や備品類の機能を最大限に生かしつつ全体の見た目のイメージを考えます。例えば、インテリアを選ぶ時は、機能的な机や椅子が並ぶ事務所の中に花柄や暖色を取り入れてみることもよいアイデアです。ともすればモノトーン調で殺伐になりがちなオフィスレイアウトに、生き生きした印象を与えてくれます。