オフィス

レイアウトを考える

最適なオフィスレイアウトを考える際は、機能性と見た目のイメージを重視するのがよいでしょう。なぜなら、オフィスは仕事を行う場所なので、多くの人々が居心地よく長い時間さまざまな作業をしながら過ごせる場所であるべきだからです。

仕事をしやすい

イス

付加されている機能

オフィスチェアとは、パソコンや事務仕事をするときに使う一人で座るタイプの椅子です。個人的に利用されている方もいますが、主に使用される場所は会社のオフィスです。事務仕事がしやすいように、通常の机とは異なる機能が付加されているのがその特徴と言えます。まず特徴的なものを挙げてみると、オフィスチェアーの脚部分に取り付けられているキャスターがあります。形状は座面から伸びた1本の柱に5股に分かれた脚がついており、この先の下側にキャスターがついているものが多いです。そのため椅子を手で動かすことなく、体の向きを変えるのも簡単で動かしたい方向に体重をかけることで移動ができます。資料を取りに行ったり、同僚とコミュニケーションをとるときなど、立ち座りの動作が楽にできるでしょう。また、仕事で使うもののため幅広い体型の方が使用するのを想定して、高さが調節可能でだれもが使いやすいよう配慮されているのもオフィスチェアです。また、肘付きタイプと肘なしタイプもあり、付いているものには固定型と取り外しできる可動型に分かれます。肘置きは座る立つのときに支えにできるため、楽に動作できるようになります。肘置きに腕を置いていると、事務仕事をしているときの肩にかかる負担も軽くできるでしょう。座面にはクッションが入っており、長い時間に座わっても疲れないように設計されているのもオフィスチェアの特徴です。座面や背面部にはメッシュが採用されているものもあり、通気性を向上させて暑い季節でも涼しく快適に座れるように考えられています。背もたれ部も頭を支えるヘッドレスト付きのものから、背中を中ほどまで支えるハイバック、腰のあたりまで高さがあるローバックがあります。背もたれ部があると、体を支える補助をしてくれるため長時間座っていても疲れにくいです。

男女

移転と内装のポイント

本社移転時に生産性アップを実現するためには、レイアウトにもこだわって、働きやすいオフィス空間を作り上げることが重要です。駅前の賃貸事務所を選ぶことも大切であり、内装工事を行うときには、空調機器の配置や室内の色彩にも気を配るべきです。

複数の人

快適な事務所に移転する

事務所移転を検討することがあります。効率的でストレスの少ないオフィス空間空間にするために、オフィスレイアウトを専門にする業者の協力をして受けるとよいでしょう。レイアウトやデザインでオフィス空間が快適にすることができます。

会議室

座りやすいものを選ぶ

オフィスチェアはデスクワークの会社の場合、座り心地のいいものではないと仕事がしづらいものです。一方、お店の場合はお客様から見て好まれるようなデザイン性の高いものを導入した方が無難です。このように、会社によって選び方は異なります。

オフィス

オフィスとその設置

オフィスを設置する場合、重要となるのがオフィスレイアウトを決めることである。レイアウトの良し悪しにより、オフィスの使い勝手が大きく変わり業務効率にも影響する。専門の業者にレイアウトしてもらうことで、良いものにできる可能性が有る。